本文へスキップ

にんじん

美味しいにんじんが減って残念

アフガニスタンが原産地といわれているニンジン。
オランダを通りイギリスへ、また中国を通りアジア全土へと世界各地に広がっていきました。
ヨーロッパ方面に広がった
ニンジンを西洋ニンジン、中国経由で日本に根付いたニンジンを日本ニンジンと呼んでいます。

昔の西洋ニンジンは、昔は頭の方が青かったんですよ。
青首大根も同様ですが、土の上にちょこんと頭を出していたからなんです。
しかし、今はそうしたニンジンはありません。

F1改良して真っ赤でいかにも美味しそう、通常60日かかるものを30日〜45日くらいで
育ってしまうニンジンばかりになってしまいました。
ニンジン特有の甘みも香りもうすいニンジン。
そんなF1ニンジンが、流通しているものの99%以上をしめるようになってしまったんです。
昔ながらの西洋ニンジンは
かたくて、色や形も悪いのですが、甘くて風味も豊かでした。
今はそうしたニンジンを見つけるのは至難の業。
今出回っている
西洋ニンジンのほぼ9割以上が「向陽(こうよう)」「黒田五寸」という品種です。
見た目はきれいで柔らかいんですがうまくない。

美味しいのは「ちはま」や「ベータキャロット」「ひとみ五寸」という品種です。

美味しい物を選ぶには

地域に根ざした日本ニンジンを!

一般のスーパーで美味しい西洋ニンジンを買おうと思ったら至難の業!
知識が豊富な八百屋で買うしかありません。
でも日本ニンジンなら、品種表示されているからスーパーでも買えます。
日本ニンジンは地域に根ざした伝統料理とともに残っていますから、
そうした日本ニンジンを買ったら、インターネットなどで料理法を調べて使いましょう。

・ニンジンは見た目では判断がつきません。

知識が豊富な八百屋さんで
「『ちはま』『ベータキャロット』「ひとみ五寸』っていう品種がありますか?」と
リクエストして買いましょう。

shop info店舗情報

杉本青果店

〒120-0026
東京都足立区千住旭町13-10
TEL.03-3881-3216
FAX.03-3881-3216
営業時間.9:00〜20:00
※日曜日のみ定休