本文へスキップ

ニンニク・生姜

幻の生姜は三州の根ショウガ。ニンニクはホワイト六片が主流

ニンニクの原産地は中央アジアと言われています。
古代エジプトの時代にすでに食用に用いられていたようです。
日本にも中国を経由してかなり昔に伝わってきましたが、一般的に食べられるようになったのは、
明治以降と言われて
います。
昨今は、値段の安い中国産の輸入ニンニクが台頭し
多くの産地がニンニク栽培から撤退しました。
そうした中、
青森県ががんばっています。
青森産のニンニクの品種は
ホワイト六片。
9月〜10月に収穫したものを乾燥貯蔵して
年間を通じて販売しています。

ショウガも歴史のある野菜です。
日本では「古事記」にも
記述が残っていますね。
現在の中心品種は
「三州(さんしゅう)ショウガ」と「近江(おうみ)ショウガ」
ショウガは若採りのものを「新ショウガ」「葉ショウガ」として売り、熟す秋まで畑に置いて、貯蔵して1年中売って
いるものを「根ショウガ」と呼びます。
三州ショウガは
ほとんど葉ショウガの段階で出荷していますので、
三州ショウガの根ショウガは幻のショウガになってしまいました。

流通には乗らず道の駅などの直売所で売られることが多いので
9月〜10月くらいに探してみてください。

美味しい物を選ぶには

ニンニクもショウガも国産が断然美味しい!

ニンニクもショウガも中国からの輸入物ばかりになってしまいました。
国産と比べて値段がぜんぜん安価で、
ショウガは中国のものの方が色がきれいで美味しそうに見えます。
しかし、味はニンニクもショウガも国産が断然美味しい。香りの強さも違います。

ニンニクを選ぶポイント

・産地は青森県のものを。
・よく乾燥しているものを買うのが重要です。
 乾燥していないものはすぐにカビが生えてしまいます。


根ショウガを選ぶポイント

・切り口をみてきれいで、乾燥しすぎていないものを選びましょう。

葉ショウガを選ぶポイント

・ピンク色の軸がきれいなものが美味しいです。
・根(ショウガの部分)が透明感があるものがいい葉ショウガです。
 熟しすぎると茶色がかり、そうなると筋っぽく、辛味が強すぎてしまいます。

shop info店舗情報

杉本青果店

〒120-0026
東京都足立区千住旭町13-10
TEL.03-3881-3216
FAX.03-3881-3216
営業時間.9:00〜20:00
※日曜日のみ定休