本文へスキップ

りんご

日本が誇れる世界のリンゴ「ふじ」

リンゴは歴史のとても長い果物です。
日本には、現在のリンゴの原種となる西洋リンゴが輸入されたのは明治4年。
明治20年代になって盛んに栽培されるようになりました。

 今や6000種以上もあると言われているリンゴの品種ですが、戦後は「スターキング」、「紅玉(こうぎょく)」、
「国光(こっこう)」の
三大品種に「ゴールデン」を加えた4種類しか出回っていませんでした。
これらの品種を土台にして品種改良が始まり、たくさんの品種が開発されたのです。

しかし、すべての品種が生き残るわけではありません。
せっかく品種改良されても市場に出て売れなければ、すたれてしまいます。
そうした中で生き残ったものだけが作られ続けていきます。

現在の主力品種「ふじ」がその代表。
国光とデリシャスの交配で1958年に開発された「ふじ」は、身が張っていてシャキシャキと歯ごたえがよく、
糖度も高い、そして何より保存性の高さから、みるみるナンバー1のリンゴになりました。
その後、「ふじ」は世界へ進出し、ブラジルや中国、アメリカでも作られています。

2001年に、「ふじ」は世界的にも最も生産量の多い品種であることが、米国人学者達によって確認されたといいます。
まさに世界に誇れる日本のリンゴです。

美味しい物を選ぶには

完熟させて収穫した、旬の時期に出回るリンゴが美味しい!


11月から7月といった、長い期間売られている「ふじ」ですが、収穫期は11月〜12月。
それ以降に出回るものは、12月までに収穫した、CA貯蔵の長期低温保存した「ふじ」なんです。
そうした保存用の「ふじ」は、完熟させないで収穫されるので、実は美味しさはいまひとつ。
やはり、完熟させてから収穫した、旬の時期に出回るものの方が美味しいのです。

・全体に色がまわっていて艶がいいものが美味しい!
・形は味に関係ないから、形が悪くてもOK
・「サンふじ」のように頭に「サン」がついているものは無袋栽培。美味しい!
・リンゴは冷やした方が味が引き立ちます。買ったら冷蔵庫で保管!

shop info店舗情報

杉本青果店

〒120-0026
東京都足立区千住旭町13-10
TEL.03-3881-3216
FAX.03-3881-3216
営業時間.9:00〜20:00
※日曜日のみ定休