本文へスキップ

春菊・ニラ・水菜

春菊、ニラ、水菜は冬から早春のお薦め野菜

冬場から早春にかけて美味しい葉物野菜は多いです。
春菊、ニラ、水菜といった葉物もこの時期が一番美味しいんです。
春菊というのは関東地方での呼び名。
関西では菊菜と呼ばれる
ことも。

食用にしているのは日本や中国などアジアの一部。

今でもヨーロッパでは鑑賞用の植物です。
春菊は大葉種、中葉種、小葉種に分けられます。
大葉種の春菊は福岡、京都、大阪など西日本中心の限定生産品。
一般的な春菊は中葉種です。
小葉種は今はほとんどみかけません。

ニラは一つの株で3〜4回収穫できますが、最初に採ったものが一番柔らかく美味しいです。
2回目3回目と進む事に細くかたくなります。
2下旬〜3月頃に出回る一番切りの幅広のものを食べましょう。

水菜は京都が原産の京野菜。
京菜あるいは京水菜という別名もあります。
肥料を使わないで、水と土の力だけで作っていたので、水菜の名が付いたと言われています。美味しい時期は冬。
水菜と油揚げの煮付けは、京都の冬の代表的な「おばんざい」です。
冬場に出回る京都産の露地物はとても柔らかくて美味しいです。
最近はサラダ用に周年栽培していますが、冬以外にハウスで作られるものはかたいのでお薦めできません。


美味しい物を選ぶには

寒ければ寒いほど柔らかくなる冬場の葉物

春菊、ニラ、水菜とも今、一年中栽培されてますがこれらは冬の野菜。
夏に作ったら、流通している間にとけてしまいます。そこで品種改良してかたくします。
ですから冬以外に出回るものはかたいんです。
柔らかくて美味しいものを食べたいなら、冬に買いましょう。

 春菊は葉っぱが太いもの(幅広)が美味しい。葉っぱが細いものは茎がかたい。
 袋詰めで売られている春菊ですが、袋の下から幅広の葉っぱがはみ出てきているものがいいもの。
  柔らかいです。
 ニラは幅広のものが柔らかくて美味しいです。
 ニラは長さが短いもの(20cm〜25cm)のものが美味しい。寒さにあたって上に伸びないんです。
 水菜は葉っぱの幅が広いものが柔らかい。
 水菜は白い茎(茎軟白部分)が真っ白いものが美味しい。ここが青くなっているのはかたいです。
 水菜は葉っぱの量が多いもの、伸びすぎているものはよくない。
  袋から頭が出ているようなものは買ってはだめ。

shop info店舗情報

杉本青果店

〒120-0026
東京都足立区千住旭町13-10
TEL.03-3881-3216
FAX.03-3881-3216
営業時間.9:00〜20:00
※日曜日のみ定休