本文へスキップ

大根

伝統品種の大根を一度味わいましょう

中東、地中海沿岸が原産といわれている大根。
歴史も古く、
古代エジプトですでに食べられていたという記録も残っています。
日本には弥生時代に伝わりました。
江戸時代には、板橋、練馬、浦和、三浦半島などで盛んに作られ、庶民に親しまれてきたようです。

以前は様々な地方で伝統品種が盛んに作られていましたが、現在は愛知県西春日井郡宮重村が原産の大根で、
首の部分が青い「青首大根」をもとにしたF1品種ばかりになってしまいました。
この品種の特徴は、水分が多く、柔らかく、スが入らないこと。
全国どこでも作れます。
スーパーでふつうに見かけるのはこの「青首大根」です。

大根の持ち味は辛味。
煮たり炊いたりすると
この辛味が甘みに変わります。
大根おろしにしてもやはり
甘みと辛味のバランスがいいものが美味いですね。
しかしF1種の青首大根は、そうじて辛味が薄いものが多いです。
対して、東京の「練馬大根」、神奈川の「三浦大根」、鹿児島の「桜島大根」、京都の「聖護院大根」を筆頭にする
伝統品種は、辛かったり、かたかったりと扱いづらいのですが、調理方法さえ間違わなければ、
その伝統品種の持ち味が味わえます。
ぜひ一度、伝統品種の大根を味わいましょう。


美味しい物を選ぶには

冬は太いものを選ぼう!鮮度の良さも重要。

秋冬のものは短くても太いものが美味しい。寒ければ寒いほど大根は太くなり、味もよくなります。
この時期の青首大根は甘いから鍋やおでんで味わいましょう。
また、年間を通して鮮度のよいのを選ぶのも重要です。
葉のきれいなものが鮮度のよいものです。
あとは大根の頭の方(葉の方)が鮮やかな緑色で、大根本体がきめ細かいものがお薦めです。

 葉っぱのきれいなものが鮮度のいいものです。
 きめの細かいものを選びましょう。
 毛根の少ないものもいい大根です。
 冬場の大根は太っている方が美味しい。

shop info店舗情報

杉本青果店

〒120-0026
東京都足立区千住旭町13-10
TEL.03-3881-3216
FAX.03-3881-3216
営業時間.9:00〜20:00
※日曜日のみ定休