本文へスキップ

山芋

粘りが強い「自然薯」千切りに向く「長芋」

一口に山芋と言いますが、山芋は大きく分けて、
「自然薯(じねんじょ)」「つくねいも(関西は大和芋と呼ぶ)」
「いちょういも(関東は大和芋と呼ぶ)」「長芋」の4種類あります。
「自然薯」は濃厚な香りと強烈な粘りっ気を持った山芋です。
すり下ろしてご飯にかける「やまかけ」に最適。
料理屋さん
などではだし汁で割って適当な柔らかさにして出しています。
「長芋」は、粘りっ気や香りでは自然薯と対極にある山芋です。
水っぽくて粘りっ気はありませんが、千切りにするとサクサク感があって美味しいです。
「つくねいも」と「いちょういも」は、中間的な感じですね。
長芋より香りと粘りっ気はずっと強いです。
つくねいもの方はより粘りっ気が強いので、だし汁で薄めて食べますが、
いちょういもはおろしてそのまま薄めずに食べます。


山芋は昔から強壮剤と言われていました。
山芋には、消化不良、胸焼け、食欲増進などに効果があると言われているアミラーゼが大根よりも多く含まれています。
アミラーゼは熱に弱いのですが、山芋は生で食べますので効果的にアミラーゼを取ることができるんです。


美味しい物を選ぶには

山芋は料理で選びましょう!

やまかけやお好み焼きに入れて食べるなら、粘りっ気のある「自然薯」「つくねいも」「いちょういも」がお薦め。
千切りにして食べるなら「長芋」です。

そうは言っても、自然薯やつくねいも、いちょういもは値段が高いので、長芋が一般家庭の食卓に上がることが多いです。
長芋はとれたては水っぽくて粘りっ気がないですが、貯蔵物も含め、古くなると粘りが出てきます。
古くなった長芋をやまかけにしても美味しいです。


 長芋の美味しい産地は青森県。
  青森産の長芋を選ぶ時は、短くてもいいので太くてふっくらしたものを選びましょう。
  太いものの方がサクサクしています。
 汚くしなびている長芋を積極的に買ってみましょう。
  長芋はしおれていても中身はきれいです。サクサク感はいくらか少なくなっていますが、
  値段も安いし、粘りっ気が出てきて、これはこれでとっても美味しいです。

shop info店舗情報

杉本青果店

〒120-0026
東京都足立区千住旭町13-10
TEL.03-3881-3216
FAX.03-3881-3216
営業時間.9:00〜20:00
※日曜日のみ定休