本文へスキップ

レンコン

サクサクした中国種、モチモチの日本種

中国あるいはエジプトが原産と言われているレンコン。
日本には2000年以上前に伝来したと言われています。
本格的に栽培されるようになったのは明治時代以降。
この頃から、古くからあった在来種は減って、中国からの導入種が主流になりました。
今、一般的にレンコンって言っているのはこの中国種です。

中国種のレンコンの特徴は、シャキ感があること。
煮しめやキンピラにしてサクサク食べます。
対して日本の昔からある伝統種は、モチモチしていて糸を引きます。
伝統種としては金沢の「加賀れんこん」や新潟の「大口れんこん」があります。
大口レンコンは東京にも入荷しますが、加賀レンコンはほとんどきません。
買いたい時は、
金沢の近江町市場で買うしか方法はありません。
柔らかくて美味しいレンコンです。

レンコンといえばお節料理の定番。
全生産量の1/3とか半分ぐらいは年末からお正月にかけて消費されています。
天ぷらやキンピラにして食べると美味しいですから、お正月以外もどんどん食べましょう。


美味しい物を選ぶには

ふっくら丸いものが美味しい

レンコンは、少ないものでも3節、多いもので5節連なっていますが、
その一節一節がふっくらしているのがいいものです。
ずんどうなレンコンの方が使いやすいですが、一節一節がポコポコしているものを買いましょう。

 芽先に近いものの方が柔らかくて美味しいです。
  しっぽ(最後尾)の方と、分けて売られていたら、芽先に近い方を買いましょう。
 小ぶりのものがお薦めです。全体に節が少ないから柔らかいです。
  Lサイズくらいの大きさになると最後尾がかたく筋っぽくなります。
 収穫してから日数がたてば色も悪くなり、味も落ちます。なるべく近くの産地のものを買いましょう。

shop info店舗情報

杉本青果店

〒120-0026
東京都足立区千住旭町13-10
TEL.03-3881-3216
FAX.03-3881-3216
営業時間.9:00〜20:00
※日曜日のみ定休