本文へスキップ

中柑橘

みかん以外の柑橘類が中晩柑。一番人気はデコポン

ここ10年くらい、みかんの需要が減り、代わりに増えているのが中晩柑。
中晩柑とは、温州みかん以外のみかん的な柑橘類の総称です。
昔からある夏みかん、甘夏、八朔(はっさく)、伊予柑(いよかん)、ポンカンなどのこと。
この分野は品種改良が進んでいて、
新しい品種が続々と出ています。

東京市場に入ってくる新種の中晩柑だけでもデコポン、紅まどんな、はれひめ、はるみ、せとか、スイートスプリング、
甘平(かんぺい)などとその種類は膨大です。
もちろん旧来の伊予柑やはっさくなども現役なので本当に多種多様な中晩柑が出回っているんですね。

一昔前まで、中晩柑類の主力は伊予柑や甘夏、八朔でしたが、これらは皮が厚くてむきにくいのが欠点でした。
欧米ではカットして食べる柑橘類ですが、日本人は手先が器用なのでむいて食べます。
逆に言えば、
簡単に手でむける柑橘類じゃないと流行らないんです。
そうした理由で、むきやすい中晩柑を開発して、今、毎年のように新品種が出てくるんです。

人気の新品種のキーワードは、「甘い」「ジューシー」「むきやすい」「中袋(じょうのう)が薄くて食べやすい」。
今、一番人気があるデコポンも、果肉が多くジューシーで、甘みと酸味のバランスがよく、むきやすい中晩柑です。


美味しい物を選ぶには

ずっしりとしたものを選ぼう

デコポンに限らず中晩柑はどんな品種でも、重量感のあるものを選びましょう。
ずっしりとしたものは水分が多く美味しいです。
デコポンは頭の出っ張りが特徴ですが、このデコが小さいものの方が美味しいように思います。
デコポンは最初にデコの大きなものが出回り、デコなしのものが貯蔵用に回ります。
デコありはデコなしより水分が少ないので、
デコが大きいものは貯蔵するとパサパサになってしまいます。
つまりデコなしの方がジューシーなんですね。

 デコポンは平べったく、重量感があるものが美味しいです。
 デコポンの美味しい産地は熊本と愛媛。特に熊本県芦北地方のものは全国一の品質。
 デコポンは3月〜5月に出回る露地物を買いましょう。
  酸味が増し、甘さと酸味のバランスがよくてジューシーです。
 デコポンの大きな2Lサイズは贈答用に人気なので値段が高いです。
  家庭で食べるなら割安な小さいサイズを買いましょう。味は変わりません。

shop info店舗情報

杉本青果店

〒120-0026
東京都足立区千住旭町13-10
TEL.03-3881-3216
FAX.03-3881-3216
営業時間.9:00〜20:00
※日曜日のみ定休